社会人でもできる時間のない人向けの英語学習テクニック

社会人になってから英語の勉強を始める場合、問題になるのが時間です。

フルタイムの仕事を持っていると自由になる時間が少ないため、通勤時間や休み時間を上手に使って少しずつ知識を増やす人もいます。

時間のない人向けの英語学習テクニックを覚えておくと、効率的に英語学習を進められます。

読み書きと会話、リスニングは言語の4技能と呼ばれています。

英語も例外ではなく、時間がない人でも4技能を不足なく身につける必要があります。

発音を先に習得するのも効率的な英語学習方法のひとつで、学習段階の初期では最低でも学習時間の20%は発音学習に費やすのが基本です。

日本の学校教育では発音が軽視されていますが、使える英語を習得するには文法や単語と同様に発音が重要になります。

発音記号を覚えておくと、最初は手間がかかっても英語学習がスムーズに進みます。

英語には日本語にはない発音も多いため、発音記号を学習しておけばリスニング力の向上につながります。

単語を覚える時には発音記号と発音方法を意識して、事前に正しい音声を聞いてから声に出して覚えます。

普通のスピードでネイティブスピーカーが話すのを日本人が聞くと、単語と単語の切れ目が聞き取りづらいです。

簡単な英文の音源を繰り返し真似ると、滑らかに話せるようになりリスニング力が向上します。

学習の初期段階では発音と単語、文法の基礎を固めるのが大切なポイントです。

単語の学習も重要で、最低でも学習時間全体の45%は単語学習に費やします。

日本の英語教育では、中学で約1100語の英単語を学びます。

日常会話やTOEICなら最重要語3000語で約9割をカバーできるので、まずは3000語を覚えます。

ただ理解できるだけでなく、3000語を自分で自在に使えるように訓練します。

3000語を使えるようになると気持ちを自由に表現できるようになるので、コミュニケーションの範囲が広がります。

基礎が完成したら、アウトプットして話す機会を増やしていきます。