大人になってからも発音は改善できるのか?30歳からの英語発音

大人になってからでも発音の改善は可能で、コツをつかめば30歳からでも英語を自在に操れるようになります。

英会話の上達方法のひとつにPhonicsと呼ばれる方法があり、英語圏の子どもは最初にPhonicsを学びます。

Phonicsとは発音と英語のスペルの関係性をルール化したものなので、しっかり学べば初めて見る単語でもスペルを見て発音できます。

Phonicsは子どもが正しい単語の発音を身につけるために習いますが、大人の発音矯正にも有効です。

もともと子どもの英語学習用に開発されたメソッドなので、日本人が大人になってから英語の発音を改善したい場合にも重宝します。

音楽やイラストを用いて楽しく感覚的に学習でき、通勤時間などの隙間時間も有効に活用できます。

英語の4技能のうち、日本人が最も苦手なのがスピーキングです。

英語には日本語にない独特の発音があるため、途中で挫折する人もいます。

Phonicsを習得すると発音の規則性が頭に入るので、英語のスペルを瞬時に音に変換できます。

それぞれのアルファベットには対応する音があり、スペルの1文字に音を当てはめます。

音のまま頭に入るので、リスニングの試験でスペルを書き起こす時にも役立ちます。

Phonicsで最初に学ぶのはアルファベットの音読みで、日本の学校で習ったアルファベットの名前読みではなく音読みを足します。

大人になってからPhonicsを学ぶと、英会話の上達にもつながります。

日本人はインプットを頑張ってしまう傾向がありますが、理論だけのインプットでは実際の英会話力の向上にはつながらないです。

英会話のレベルを上げるには、理論を学んでから徹底的に実践するのが大切なポイントになります。

Phonicsは積み上げ学習なので、英会話のレベルを上げるには基礎から積み上げる必要があります。

日本人の中には簡単な基礎が抜けてしまっている人がいますが、基礎の音読みから徹底的にマスターする姿勢が重要です。