英語学習にVersantをどう活かすか

海外でも通用する確かな英語力を身につけたいなら、鍛えたいのはスピーキング力です。

リーディングやリスニングの能力が高くても、スピーキング力が低いと相手に伝わる英語を話せません。

ビジネスでもプライベートでも海外で通用する英語を身につけるなら、スピーキングに力を入れなければいけません。

英語学習でスピーキング力を鍛えたいなら、活用したいのはVersantです。

Versantはリアルタイムで英語の発話を瞬時に理解し、英語で答える能力が求められます。

つまり英語を聞いて英語で話すという当たり前のシーンに沿った能力を養えるので、コミュニケーション能力の向上に繋げることが可能です。

大手企業から政府機関まで英語力を測定するテストとしてもVersantは使われているので、世界標準と言えるほどの実績があります。

実際の英語学習にVersantを活かす方法としては、定期的にスピーキング力を測るために使うと良いでしょう。

スピーキングの能力は、客観的に判断できません。

そのため自分のスピーキング力がどの程度のレベルにあるのか把握できず、学習目標の設定も難しくなるでしょう。

しかしVersantは、受験から結果の確認まで30分もあれば終わります。

受験するタイミングも空いた時間を使っていつでもできるので、英語学習をしている忙しいビジネスパーソンにもピッタリです。

Versantを英語学習に活用していれば、こまめに自分のスピーキング力を客観的に測れます。

結果をまとめておけば自分の成長も可視化され今後の目標設定もしやすくなり、成績が向上してればモチベーションのアップにも繋がるでしょう。

リーディングやリスニングには自信があるけどスピーキングには自信がない、外国人ともしっかりとコミュニケーションを取りたいと考えているなら、Versantを英語学習に活用してください。

上手にVersantを活用すれば、英語学習を効率化できます。