僕がTOEICリスニング満点をとるために使ってきた英語教材

指示代名詞(this, that, these, those)の使い方

「これ」とか、「あれ」とか、聞き手に指し示す代名詞を指示代名詞と呼びます。英語ではthis, that, these, thoseを使います。なんでこんなにたくさんあるのかというと、1つだとthis、2つ以上だとtheseとかになるんです。

簡単に言うと

それとって」の「それ」、「あれっていいよね」の「あれ

もう少し言うと

指示代名詞には、それ、あれ、があって。それぞれ単数形と複数形がある。以下はそのまとめ。

単数(1つ) 複数(2つ以上)
それ this these
あれ that those

This is my bicycle.

(これは 私の自転車だ)

↑の例だと、自分の自転車を「これ」と指差して、聞き手に教えている状況だ。指示代名詞の形は、話している人からの距離と、指し示す名詞が単数か複数かで決まる。

Those are my friends.

(あれらは 私の友達だ)

名詞の前に置かれる指示代名詞

指示代名詞は名詞の前に置かれると「この」「あの」という意味の形容詞になる。

Do you know / that boy?

(あなたは知ってますか / あの少年を)

How much / are these wallets?

(いくらですか / これらの 財布は)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です