英語の発音が悪いと損する3つのコト

英語は文法などを細かく気にするよりも、とにかく相手に話しかけて会話をすることが大事だといわれます。

ここでは「英語の発音が悪いと損する3つのコト」をお伝えします。

 

まず、発音が悪いと損をする恐れがありますし、何より伝えたいことが正しく伝わらなくなるでしょう。

つまり、発音に問題があると相手が単語を聞き間違えてしまい、結果として誤解を招くことに繋がります。

これが英語で損をするコトの1つで、誤解から間違った人物像に結びついてしまう恐れも出てきます。

例えば相手を思いやる発言のはずが、正しく伝わらずに逆の意味になることも考えられます。

あるいは褒めているはずが貶していると捉えられたり、そもそも支離滅裂で危ない人と思われる可能性もあるわけです。

流石にそれは極端ですが、コミュニケーションに問題があると思わせてしまうと、その後距離を取られたりコミュニケーションに支障が出てくるのは確かです。

全体的に見て発音に問題がないように思えても、ところどころ聞き取れないと歯抜けのようになってしまいます。

 

2つ目に、英語の発音が悪いと損をするもう1つのコトには、相手を疲れさせてしまうことが挙げられます。

微妙に聞き取りにくい場合、人は頭の中で発音を補正して意味が通るように脳を使います。

この繰り返しは脳に負担が掛かるので、あまりに滑舌が悪過ぎると、相手は聞き取るだけで精一杯になりがちです。

これは英語にも共通しますし、毎回同様のコミュニケーションとなれば、相手も距離を取ったり避けようとするでしょう。

スマホ上のやり取りは続いていても、最近顔を合わせる機会が少ないと感じた相手は、こちらを避けている恐れがあるので注意です。

 

3つ目は、仕事で活躍する機会を奪われるコトです。

微妙なニュアンスが重要なビジネスシーンでは、単語選びや発音の良し悪しが相手に与える印象を大きく左右するので、重要な役割は教養があって滑舌が良い人に任されます。

特に大きなお金が動く契約だったり、影響を受ける企業が多い巨大プロジェクトにおいては、英語の発音1つで交渉の担当から外されることさえあります。

これらから分かるのは、英語の発音が悪いと渉外担当つまり営業などの仕事をさせてもらえなくなったり、頑張っても結果が出ない可能性が浮上することです。