僕がTOEICリスニング満点をとるために使ってきた英語教材

優劣比較-er/more

AとB、太郎と二郎、犬と猫など、2つのものを比べて「どちらがより〜だ」という時には比較級という形を使う。

簡単に言うと

日本語では「太郎のほうが二郎より優しい」のように「〜のほうが」や、「〜より」といった単語を使うことでAとBを比べます。「猫のほうがよりかわいい」、「スーパーのほうがコンビニより安い」などです。

でも、英語では「優しい」、「かわいい」、「安い」などの形容詞の形を変えて、-erをつけたり、またはmoreをつけることで、AとBを比べます。

big → bigger

small → smaller

もう少し説明すると

AとBなど、2つのものを比べるとき、英語では「The cake is bigger than mine」のように「比較級(-er)+than…」の形にします。比較級は、形容詞に-erをつけたもので、biggerやsmallerなどの形になります。largeなど、もともと-eで終わる単語はlargerのようにrをつけるだけでOKです。goodはgooderじゃなく、betterなので気をつけましょう。また、badもbadderじゃなくworseを使います。convenientのように長い単語には、convenienterのようにお尻に-erじゃなくて、単語の前にmoreをつけます。more convenient になります。

ex.) Keiko is smarter / than Hiroshi.

けいこは頭がいい / 誰よりかというと ひろしより

ex.) I got up earlier / than my sister / this morning.

私は 起きた より早く / 誰よりかというと 私の妹より / 今朝

ex.) This cake is more delicious / than last time.

このケーキは より美味しい / いつと比べてかというと 前のときより

ex.) He is more popular / in our class / than Koji.

かれは より人気がある / うちのクラスで / 誰よりかというと こうじより

POINTAとBを比べるときは、A is -er than Bの形になる。

比較級の強調

日本語でも、「Aのほうがずっとおいしい」とか「Aのほうがうんとはやい」など比較級を強めることは多いです。英語で比較級を強めるときは、muchやfar、stillなどを使います。また、口語ではa lotなども使われます。

He can run / much faster / than Yoshi.(彼は早く走れる / より速く / 誰よりかというと よしより。

This way is far better / than other ways.(この方法は、ずっといい / 何よりかというと 他の方法より)

比較級のその他の用法

以下の用法もよく使われます。

・The + 比較級…, the +比較級…「…すればするほど、ますます…」

The more / you study hard,/ the more / you’ll understand it better.(すればするほど / あなたが勉強を、 / ますます / あなたは理解できるだろう もっと)

・比較級+and+比較級「だんだん〜、ますます〜」

The temperature / in this room / is getting hotter and hotter.(温度 / この部屋の / それはだんだん暑くなってきた。)

・the +比較級+ of the two「2つのうちで〜な方」

He is the shorter / of the two.(彼は背が低い / 二人の中で)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です